スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月

4月になった。新年度である。
毎年4月になると、何某かの「変化」が訪れる。
その変化は、なにも「新入社員」や「新入生」ばかりではない。
公共料金の値上げだったり、法律改正だったり。。。

4月1日から神奈川県では公共施設では『禁煙・分煙』が義務化された。
私の友人で、ヘビースモーカ-の某氏は
『神奈川県だけには住みたくない』とまで言っていた。
これも、あの『健康増進法』の煽りなのだろう。

いまや煙草は、極端なほどに『悪者』である。
煙草のパッケージにも
『喫煙は、あなたにとって心筋梗塞の危険性を高めます。』
『たばこの煙は、あなたの周りの人、特に乳幼児、子供、
 お年寄りなどの健康に悪影響を及ぼします』
等々のコメントが記載されている。
冷静に考えると、怖い話である。

しかし、ここで単純な疑問が。。。。。

それではなぜ『煙草』を発売禁止にしないのだろうか???
『分煙』『禁煙』『受動喫煙』を規制する
『健康増進法』などという法律を作るより
『たばこ禁止法』のようなものを作って『全面禁止』にしたほうが
『煙草が原因』といわれる疾患も減るはずだ。

厚生労働省が掲げている
『医療費削減』の大命題にも一役買えるはずだ。
何についても『禁止・規制』することが好きな(?)日本らしくない。

さらに、煙草には『税金』がかけられている。
近々その『たばこ税』が引き上げられるようだ。
『健康に悪いモノに高い税金をかけても構わない』
と考える方々も多いであろう。

しかし、ここで大きな問題が。。。。。

我が国の政府は
『習慣性があって、身体に害があるものに
 税金をかけて国民に売っている』
のである。
これは、恐ろしいことだ。
これでは『ヤクザ』や『暴力団』と変わらない。
国家レベルでやるべきことではない!!

おそらくは『たばこ禁止法』のようなものが出来ないのも
幾ばくかの『税収』が欲しいからであろう。

そう考えると『子供手当』やら『高校無償化』などと
耳触りのよいことばかり訴えている彼らの本音は
『国民は、税金さえ払ってくれればそれでいい。』
ということになりはしないか。。。。。
基本的に国家を信用しない方が、身のためなのかも知れない。



※お知らせ!
心と体のトータルケアサロン『メゾン・デ・ザンジェ』
ATMレッスンを開催しています。
参加費  初回   3800円
    2回目以降 3000円  
こちらのサイトからお申込みの場合は、1000円割引!!
お問い合わせは、コチラまで!!
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

とある方が言ってました。

「国家の正体は人殺しで泥棒だ」

と。
そんな、その方の主張としては、

「守るのは家族と仕事だけ。国家に払うのはわずかな賄賂のみ。何度も裏切られた華僑の生き方が、僕は一番正しいと思う。」

と。
考えさせられましたね~。
目指せ日僑ですって(笑)

No title

TOMOさま。

なるほど~。意味深いことばですね。
国家とは、何のために存在しているのか?

普段、我々は『自分で行動を決めている』つもりで
実は『誰かの都合の良いように行動させられている』
のかも知れません。

信じられるのは、自分の感性だけですね・・・・!??
プロフィール

Hideyuki  Sato

Author:Hideyuki Sato
★あん摩マッサージ指圧師
  鍼灸師 理学療法士
★フェルデンクライス・プラクティショナー

  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。