スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あらためて、フェルデンクライスって、なに??

今日はEnglishサークルに参加してきました。
メンバーの中には、FPTPスチューデントもいます。
帰り際に、フェルデンクライスのことを知らないメンバーに尋ねられました。。。

「Hideさんは鍼灸とか、いろいろ治療のことを勉強しているのに
 そのうえフェルデンクライスも勉強するの???」

いや~、どんなふうに答えて良いか迷いました。
しかし、開口一番に出た言葉が。。。。

「フェルデンクライスは、治療テクニックじゃないんですよ。
 それは治療ではなくて、おそらくは『成長』という言葉が
 いちばん的確なモノだと思うんですよ。」


言ってしまってから、自分自身で
「おおおお~~!!」
と思ってしまいました!!

もちろん、それを聞いた方は「?????」でしたが。。。。

しかし。。。。。。

3年目第一セグメントでは、いくつかのKey wordが提供されました。
ワタクシが印象に残っているのは「improve」と「Well being」です。

「improve」は「改善」と、「well being」は「健康」と訳されていますが
正直な話、この訳だと
「本来の意味よりも薄っぺらいものになってしまうのでは??」
と思っていました。

「improve」については。。。。
「改善よりも良転、つまり『より良い状態に転じた』というのが本来の意味に近いのでは??」
と、ATMレッスンを受けたことのある某translater氏と話し合いました。
まさに的確な翻訳だと思います。

そして「well being」
この概念は難しいかも。。。。。
「健康な状態」という「Physicalな側面」だけでなく
もっと多方面の意味があるんじゃないの???と思います。

もしも我々にとって、このふたつが「目指すべきもの」であるならば。。。
もっと「言葉の意味」を考えないといけない。それも「日本語」で。。。。

そんなことを考えていただけに
「成長」という言葉が出てきたことに
自分自身でも、ちょっとビックリです。

これも英語にすると「growth」。。。。
これも、なんか違うかな????

でもワタクシのなかでは「成長」なのです。
「成長」というよりは「成熟」でしょうか??
もちろん「一方通行」ではなく「相互作用」

もしかしたら「お互いの深化のための時間」??
あくまでも「進化」ではなくて「深化」です。

「成長・成熟」と「深化」
それも「一方通行」ではなくて「相互作用」。。。


しばらくは、これを「Key word」にしてみたいと思います。。。。
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

「improve」と「Well being」
同時期にFPTPで学んでいても、
耳にする(耳に残る)keywordは違うのですね。
「improve」は、時々聞く。
「Well being」は初めて(のような気がする)。
素敵な言葉をご紹介、ありがとうございます。
「Well being」が私の中に引っ掛かりました♪♪

No title

Reikoさま。

ワタクシも「Well being」という言葉が
琴線に触れてしまいました!

「Well being」の真意を
なにかの「かたち」にして
多くの人に伝えたい。

いまは、そんなことを考えています。
終末の見えない「旅路」へのスタートです!?
プロフィール

Hideyuki  Sato

Author:Hideyuki Sato
★あん摩マッサージ指圧師
  鍼灸師 理学療法士
★フェルデンクライス・プラクティショナー

  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。