スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーシェは天才だ!!

ここ何日か、ATMの資料に噛り付いています!?
来るべき『第3セグメント』に向けて!
来るべき『ATMレッスンクラス開催』に向けて!!

今は、FPTPで貰った6種類の資料を『理解』することに集中しています。
それにしても、レッスンの内容はバラエティーに富んでいます。。。。
肩の動き、体幹の捩れ、目の動き、伸筋と屈筋の協調性、股関節と体幹、そして動きのイメージのみを使う・・・等々。。。。。

すべて『感覚』という『具体的に形に出来ないもの』を頼りに、自分自身で動いて、感じて、そして気付く。
動きの指示は言葉で示すが、けして手本となる動きを示さない。

こんなエキセントリックな(??)方法を、いくつも考えつくとは・・・・・。
やはり、『モーシェ・フェルデンクライスは天才だ!!』と叫びたくなります!?
出来れば、御存命中にお逢いしたかったです。。。。
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自分の体験の押しつけをしない -miyuさんのコメントから

私の2008.11.24付記事『言葉を選ぶ』に、いただいたmiyuさんのコメントは、今月27日(土)から始まるFPTP京都の冬セグメントに不安になっている私を励ましてくださったと同時に、大切なことを気づかせてくださいました。ありがとうございます。 ◆◆◆miyuさんのブログ『フ

ふりだし地点は思いのほか遠い -Hide!さんのコメントから

miyuさんからのコメントを読んで、ATMレッスン指導に対する、私の決めつけ・思い込み・先入観はガァガガァ~っと崩れ、脳内更地化が進んだように思います。 ・思いこみ【1】 ATMレッスン指導のポイントを勘違いしていた (自分の体験を生かしたレッスン作りをするのではなく

comment

Secret

私もお会いしたかったです

FPTP Yokohamaでは着々と
「ATMティーチャー認定」に向けて
講義もコース生も動いているようですね。

>FPTPで貰った6種類の資料
の元は何ですか?
・FPTP YokohamaでのATMを文字にしたもの?
・FPTPのプログラムに元々ある共通資料?
・FPTP Yokohama講師陣の指定図書からの資料?
う~ん、興味ありますぅ~!!v-222

私自身は、フェルデンクライスに関する色々なことが
よく分からなくてとっても不安ですv-40

不安だ~不安だ~
とボヤいていても仕方ありませんが

No title

Reikoさま。おはようございます!

この資料は「第3セグメント」で使用するATMレッスン集です。元は良くわかりませんが、かつてドイツのラジオ番組で紹介されたレッスンのようです。

>FPTP Yokohamaでは着々と
>「ATMティーチャー認定」に向けて
>講義もコース生も動いているようですね。
いや、ワタクシ自信が『はやくレッスンクラスを始めたい!』と焦っているだけですよ!?

フェルデンクライスに関しては、書籍等の資料が少ないし、分かりにくいですよね。YOKOHAMAのメンバーも、みんな不安を抱えていますよ!?

No title

Hideさん、こんにちは。FTPTで一緒のシバタです。
私も、昨日、練習会でATM教える&教わるレッスンしてきました。
まだまだ、原稿を読むのが精一杯です。
というか、たまに、教わってる役の方々を見ると、あまりにみんなの動きが違うので、ドギマギしてしまいます(^^;
あと1ヶ月で12月のセッションですね!もっと練習しなくちゃ。

No title

yukaさま。ご無沙汰しています!
ワタクシのブログへようこそ!!

ワタクシもATMの練習のときは『目が原稿に釘付け状態』ですよ(笑)
まだまだ勉強の途中なので、それで良いと自分を納得させています!??
いよいよ第三セグメントですね! 一緒に頑張りましょう!!
またお逢いするのを楽しみにしています!!

資料はドイツ語?

>かつてドイツのラジオ番組で紹介されたレッスン
ということは、資料はドイツ語なのですね??v-12

フェルデンクライスは
1990年代にFPTP東京から始まり、もう何年か経っているし
今は3ヵ所でティーチャーズコース(=FPTP)が開かれているのに
資料が少なくて分かりにくいとは・・・
ますます不安になる私です。
(メソッドの理解に対して不安というより・・・)
(なんといいますか・・・)v-16

No title

Reikoさま。
資料が少ないのは、ホントに困りますよね・・・。
でも、実際に『プラクティショナー』として活躍されている先人達がいるわけですから、やり方次第では、きっと何とかなりますよ!
(・・・・と、自分を納得させています・・・・。)

No title

Hide!さん、こんばんは。

僕も昨日、神奈川のとある教室にATM受けに行き、そこで先生からなにかコツはないかと、話を聞きだしているうちに、次のレッスンの時間になり、タイムアップに・・・。

でも話の中で面白かったのは、先生達、当時はセグメント始まってから原稿を渡され、それも未翻訳のままだったそうな。
それを各々のグループで翻訳し、期間中はほとんど翻訳に費やされ、練習もほとんど出来ず、プラクティカムに挑んでたそうです。

そして本番時には、ただひたすらと原稿に釘付けの、声を震わせながらの棒読みだったそうな(笑)

No title

TOMOさま。おはようございます。
な~るほど・・・。みんな苦労しているのですね。
我々は、まだ恵まれているほうなのかも??
プロフィール

Hideyuki  Sato

Author:Hideyuki Sato
★あん摩マッサージ指圧師
  鍼灸師 理学療法士
★フェルデンクライス・プラクティショナー

  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。