スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イルカとの出会い Rebound

新企画!
こころとからだのトータルケアサロン「メゾン・デ・サンジェ」主催
野生のイルカに学ぶ「ドルフィン・エンカウンター・ツアー」
開催決定!!!!
詳しくは コチラ まで!!
みなさまのご参加を お待ちしております!!


Bahamasの旅は、本当にtremendousなものだった。
イルカたちとの交流も、もちろん素晴らしい体験だ。
それだけでなく、初対面の人々と6日間クルーザーの上で
生活するという「非日常体験」も貴重な体験だった。
whale003.jpg
クルーザーボート「Bottom TimeⅡ」この船の上で6日間過ごした。

船の中では、不思議なことに「お互いの役割」が自然発生する。
そこでは利害関係もなく、やらなければならないタスクもない。
お互いが出来ることを自らやっているので、
とても自然に振舞うことが出来た。
もちろん「一緒にイルカと泳いだ」という
特別な仲間意識があったのは事実だ。
それでも、彼らとの繋がりは
「とても居心地のよい楽な関係」に感じた。
Dolphin0002.jpg
船の上でのワンショット

マトモに泳げるようになった頃にはツアーは終盤を迎えていた。
私はとても満足していた。
仲間たちは「Hideさん!顔が緩んだョ!」と言ってくれた。
この「笑顔でオープンな状態」で帰国した私を待っていたのは
「9日前と同じ環境」だった。。。。

病院での仕事は、相変わらず忙しかった。
しかし「イルカとのコミュニケーションが出来た」こと、
そして「とても居心地のよい自然な関係」を体験したことが、
私を「妙に明るい人間」に変えていた。

当時の私は(今も???)いわゆる「不器用で堅い人間」として通っていた。
人とのコミュニケーションが苦手だったし、いつも緊張していた。
そのために「堅苦しい。威圧感がある。顔が怖い。」等々、
Situationを間違えたら「いじめ」とも受け止められる
罵詈雑言を浴びせられ続けていた。

そんな私が、妙に明るく、笑顔をつくるようになったことに
周囲の同僚や友人はとても戸惑っていたようだ。

「お前、最近なんか、おかしくないか??」と良く聞かれた。

そのたびに
「『おかしくないか?』はないだろう!! いつも俺のことを『怖い』だの何だの言っていたくせに、俺が明るく笑顔だと、気に入らないのか!!」
と思ったものだ。

クルーザーボート上での役割と違って、ここでの私の役割は
「不器用で堅苦しくて威圧感があって顔が怖い人間」のようだった。


フェルデンクライスを学んだ今なら
「人間の脳は急激な変化を受け入れにくい」
ということが理解できる。
私の友人たちは、まさにその状況だったのだろう。

しかし当時の私は、どうしても腑に落ちなかった。
せっかくイルカと泳いで「明るい人間」になっても
帰ってきて「この状態」では仕方がない。。。

私は「Bahamasでの体験」に、なんらかの「意味付け」をしたかった。
そして出来れば、この体験を今後の自分の治療に応用できないか?とも考えていた。

そして、それにはアメリカでおこなわれている
「自閉症の子供たちのためのイルカ介在療法」
のことについて学んでみるのが良い、
と勝手に結論を出していた。。。

To Be Continue


ワークショップ情報!

2012年2月12日に、西小山のStudio Plus A にて
「フェルデンクライス・ワークショップ」を開催します!

今回のテーマは「ゆったりした呼吸」

私たちは、呼吸しないで生きてくことはできません。
一日に2万回以上も息を吸ったり吐いたりしています。
しかし普段、私たちは呼吸を意識することは、あまりありません。
呼吸は脳によって制御され、運動量の変化や感情面での変化に、
自動的に対応するようになっているのです。
安心しているか不安に思っているか、落ち着いているか興奮しているか、
などによって、呼吸はつねに変化していきます。
現代社会に生きていると、ストレスや緊張をさけて生活するのは難しいことです。
多くの場合、私たちはストレスを受けると呼吸が浅くなり、胸を硬くしてしまいます。
本来の肺の半分程度の容量しか使わなかったとしても、なかなかそれに気付かなかったりします。
浅い呼吸がクセになってしまうと、健康や姿勢、からだの柔軟性にも害をもたらします。
自分の呼吸を意識し、大きくリラックスした呼吸を身につけることで、
身体面の健康だけでなく、ストレスに対してもマネジメントすることが出来るようになります。

日時:2012年2月12日 日曜日 午後2時から4時まで。
会場:『Studio plus A すたじお ぷらす えー』  
東京都目黒区原町1-1-3 東急目黒線西小山駅徒歩4分
※アクセスは、こちら をクリックしてください
料金 : 3000円(当日現金でお支払い下さい)

※完全予約制

詳しくはこちらを参照願います。
ご予約・お問い合わせは、feldenkrais@watus-japan.com まで!

みなさまのご参加を、心よりお待ちしております!!

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

Hideyuki  Sato

Author:Hideyuki Sato
★あん摩マッサージ指圧師
  鍼灸師 理学療法士
★フェルデンクライス・プラクティショナー

  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。