スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FIって???

みなさんは「ナイトブレーン」という言葉を聞いたことがありますか? かつて「私たち人間は脳の10%しか使われていない」という説が「まことしやか」に認識されていました。そして使われていない残り90%の脳のことを「ナイトブレーン」と称していました。確か数年前の深夜枠のテレビドラマでも取り扱われていたので、ご存知の方も多いかもしれません。しかし実際には、私たちは脳細胞の、そのほぼすべてを使っているという研究結果が出ています。ほんの少しの損傷でも「障害」が出てしまうのです。

この言葉は、かのアインシュタインが残した「我々はその潜在能力の10%程度しか使っていない」という言葉が誤用された結果のようです。アインシュタインによれば、脳細胞を100%近く使っていても、日常生活を送るうえで、私たちは持ち合わせている能力の、せいぜい一割程度しか使っていないということになります。また、Dr.モーシェ・フェルデンクライスに言わせると「我々の自己イメージは、潜在能力よりも制限され、その可能性の5%しか使用していない。」と、なんとも手厳しい(?)言葉を、その著書に残しています。では、なぜ脳細胞を100%近く使っていても、こんな結果になるのでしょうか???

私たちには「自分が経験していない事柄や想像出来ない事柄は『存在しないもの』として捉えてしまう」という傾向があるようです。それは「物ごとの理解の仕方」だけてなく「考え方」や「価値判断」、「行動」や「身体の使い方」に至るまで、幅広く適応されるようです。さらに、私たちは基本的に「変化すること」をあまり望まない傾向があります。乱暴な言い方をすれば「昨日と同じ今日が来て、今日と同じ明日が来る」という変化のない状態を好みます。「変化がない」ことは退屈かもしれませんが、未経験なことや想像を絶することなどには手を出さずに「5%〜10%の能力」だけを使って毎日を送ることは、ある意味でとても楽なのです。残りの能力は「存在しないもの」として無視してしまっても「いつもの日常」を送ることが出来ます。しかし、もし何かの理由で「●●することが出来ない」「△△すると痛くなる」「××するのが、前よりもやりにくくなった」ということが起きてしまうと「何で???」ということになります。もしかしたら、残り90%の能力を使えば解決出来るのかもしれません。しかしその能力を「存在しないもの」として捉えて、僅か10%の能力の中で解決しようとしている限りは「私はどうしたらいいの???」の世界から脱することはできません。。。。

私のクライアントさんになる方々は、多くの場合「身体の痛み」を訴えておられます。おそらく私のバックグラウンドが理学療法士・鍼灸師ということで「痛みをなんとかしてほしい」と思って訪れるのでしょう。医学的に確実に問題があるケースであれば、それを取り除く以外に方法はありません。しかし医療機関へ行っても「特に問題はありません」と言われてしまうケースもあります。そうなると「How To」の問題になります。つまり「どのようにしたら痛いのか?」ということ。「痛い動きや、痛みの出る身体の使い方を行わすに、目的のアクティビティを遂行できれば、そしてその方法を確立出来れば、今よりももっと楽になりますよ」ということです。そのためには、私たちが普段無視している「残り90%〜95%の能力」に目を向ける必要があります。そしてそれを具現化できるのがFIであると、私は考えています。

以前、ある女性にFIを実施しているとき、その方の御主人が見学されていたことがありました。終わってから「見ているだけだと、何をしているのかよく分からないし、実際に自分がやってもらいたいとは全く思わないんですが、妻に言わせると、とても効果があるそうです。」とのコメントを頂きました。多くの場合、ボディーワーク系の施術をうけるとしたら「何かをやってもらえる」「何かを教えてもらえる」ということを期待するのかもしれません。しかしFIは、そのどちらでもありません。その人が本来持っている、でも自身では「無視」してしまっている「能力の残り90%」を見つけているだけなのです。ですから「新しい動き」を覚えてもらうわけでもなく、グリグリとマッサージするわけでもなく、筋肉をストレッチするわけでもありません。最初は「こんなんで良いの??」と思うかもしれません。しかし終わった後に「あれっ?なんか違う??」と思う変化を感じられることが少なくありません。

Dr.モーシェ・フェルデンクライスによると「FIは、我々のもっとも原始的な感覚器官に働きかける。皮膚へ『触れる』感覚、『押す・引く』と言った動きの感覚、手の暖かさ、呼吸の変化、皮膚への刺激による血流の改善など、普段はあまり意識されずに、忘れ去られてしまっている要素のすべてに働きかける。そのことにより、発育中の子供のような『健康な状態』を思い出すことが出来るようになる。」と説明しています。また「優れた能力がある者は『他の者よりも、より多くの能力をもっている』から優れているのではなく、『いま持っている能力の、より多くを使うとこが出来る』から優れているのである。」とも言っています。本来持っている、しかしそのことを忘れてしまっている「能力」を見つけ出し、それを使えるように引き出す。それこそFI=機能の統合の本来の目的です。

どこかが痛くなったとき、今までスイスイと出来ていたことがやり難くなったとき、解決策を「外部」に求めるのもひとつの方法です。しかし、もしかしたら「最良の解決策」は、自分自身の中にあるのかも知れません。ぜひみなさんも、時には「残りの90%」に注意を向けてみて下さい。案外、答えは手の届くところにあるのかも知れません。。。
スポンサーサイト

出張FIレッスン開始!

今日は、記念すべき『出張FI(機能的統合)レッスン』開始の日。
テーブル、ローラー、スツール、ウレタンパッドなど、
必要なものをすべてクルマに積み込んでクライアントさん宅へ!!

この『記念すべき第一日め』を祝うかのように(???)
東京は朝から雪!! 最高気温2℃!! の悪天候。
日ごろのおこないを悔いつつも(?)無事に到着。

私のレッスンに満足してくれたようで、週一で出張することになった。
今後は出張レッスンも、積極的に承る方向で計画している。

出張FIレッスン御希望の方は、ぜひ連絡下さい!
料金、時間等、応相談です!! ⇒ 投稿フォーム



『心と体のトータルケアサロン メゾン・デ・ザンジェ』  
 今月のフェルデンクライス・レッスン案内

◎ATM(動きを通じての気付き)レッスン
  3月13日(日) 10:00~11:30
    テーマ 『目の働きを再確認する』
        『目』と『からだ』とのつながりを探していきます。
  3月20日(日) 10:00~11:30
    テーマ 『肩を楽に使う』
        もっと快適に『腕・肩・首』を使うには?を見つけていきます。
    料金:¥3000(当日お支払いください) 定員:3名

◎FI(機能的統合)レッスン
  3月20日 13:00~14:30
        15:00~16:30
        17:00~18:30  ※実質1時間のレッスンです。
    料金料 1レッスン 10000円


場所:心と体のトータルケアサロン『メゾン・デ・ザンジェ』   
   東京都世田谷区松原 京王線代田橋駅徒歩5分

詳しくは http://www.watsu-japan.com/feldenkrais/ まで。

お問い合わせ、ご予約は、こちらから⇒投稿フォーム

FI練習会

3年目第一セグメントが終わって3週間弱。。。

最終日に、トレーナーのJ先生から
「You have to do the practice and practice and practice!!!!」
という、アリガタイ言葉を頂きました。

ということで、例によって「勉強会」です!!

メモやノートを取っていても、その内容は、お互いに微妙に違っています。
お互いの不安なところを補うことで、確実にトレーニングのリヴューになります。

今回、ヒットだったのが「仰向けで骨盤の動きを出す」という動き。。。
メンバーのEさんの提案で始まったこの動き。
ワタクシはそれまで「骨盤を前傾・後傾させれば良いんだ」と、動きを出すことだけを考えていました。

しかし、もう一人のメンバー、Mさんから
「仙骨の接地面をかえて、その動きが背骨の上のほうへ伝わるようにすれば動きがクライアントさんに伝わりますよ」とのアドバイス!

これなら、けして大きな動きは必要ない!!

Eさんからも、とても「重要」なアドバイスが!
「まず触って骨を感じる。自分の呼吸は止めない。そして待つ」
Eさんの言葉どおりにやってみると、動きを「感じる」ことができます!!

やはりpracticeは必要です!!
Eさん。Mさん。ありがとう!!



ワタクシは、この「待つ」というのがニガテです。
早く「結果」を知りたくなってしまうのです。
「動かした結果、どう変化したか??」を考えてしまいます。
これは、やはりワタクシが「理学療法士」という職業を
長年、生業としてきたからでしょうか??

しかしこれでは「FI類似行為」どころか
「出来そこないの関節可動域訓練」
になってしまいます。

例の「夢」に出てきた「J先生の言葉」を思い出します。。。
「Sato-san. Do'nt do that! It's a PT's technique!!」

あれは、もしかしたら予知夢だったのかも????

夢のなかで頂いたメッセージが
リアルな「現実」として蘇った
とても意味深な(!??)体験でした。。。。

社会復帰です!

FPTPのセグメントも無事終了し、昨日から日常生活へ。
昨日・今日と都内某施設で「理学療法士」として仕事でした。

FIの練習が中心だった今回のセグメントで気付いた点のひとつが
「いかに相手にとっても、自分にとっても、快適な環境をつくるか?」
が、とても大切だということ。

そのために相手の体型に合わせてベッドの高さを何回も調節したり
自分の体に無理がない姿勢やポジションを模索したり・・・・・
FIもATMも「快適な状態にある」ということが絶対条件です。
そうでないと相手の反応もわからないし
「時間の共有を通じての相互作用」という最大の(?)効果が期待できません。

そんなことを学んで、仕事に戻ってみると。。。。。
仕方ないことかもしれませんが、介護の現場やリハビリの現場は
「相手はともかく、自分の快適さを考えてない」ようにしか思えませんでした。

これでは、自分のからだを壊すだけでなく
相手からの反応や、相手の理解など
なにもわからないのでは??

当然、相手にも、こちら側のことは伝わらないのでは???


最近では「からだに無理のない介護法」のようなものが流行っていますが
けして「からだに快適な介護法」ではない気がします。。。

ワタクシも経験がありますが、治療の現場では
治療する側である我々が、患者さんの状態に合わせることが
圧倒的に多いのです。

体が自由に動かないひとや、痛みのあるひとが対象なので
仕方のないことなのかもしれません。
しかし、これでは「相互作用」ではなく「一方通行」です。

やはり治療とフェルデンクライスメソッドは、別物なんですね。

なにも知らないひとが「FI」とリハビリの「関節可動域訓練」を見比べても
まったく区別がつかないと思います。
しかし、この二つは「似て非なるもの」なのです。。。

おそらくバイクのことをまったく知らないひとが
「ZZR1200」と「ZX-12R」の2台の区別がつかなくて
「色の違う同じバイクが2台ある」と見えるように。。。

おそらく格闘技のことをまったく知らないひとが
「空手」と「少林寺拳法」を
「別々の道場で練習している同じ格闘技」に思えるように。。。

遅まきながら、本日はじめて
「フェルデンクライスメソッドは治療ではない」
という「真意」が理解できたような気がします。

FIレッスン

本日は、FIレッスンを受けてきました。

フェルデンクライスメソッドには、FI(機能的統合)とATM(動きを通じての気付き)の2種類のレッスンがあります。どちらも「同じ目標」に沿って構築されているのですが、ワタクシは、将来的にはFI中心でやっていきたいと思います。

最初にFIを受けたのは7年前。そのときは「???」というのが本音でしたが、回数を重ねるごとに自分の身体の使い方の変化に気付くようになりました。
一番ビビッたのは(!?)10年前から愛用している(当時の価格で)78,000円の、革のライディングジャケットを着てヘルメットを被るとき、ジャケットが動きの邪魔をしてヘルメットが被れなくなったのです!!!(ちなみにワタクシはオートバイ乗りです。)

革のジャケットは、オーナーの動きに合わせて、肩や肘や脇窩や、その他の部分に独特の『皺』ができることで、そのオーナーに馴染んできます。10年間着ていたジャケットなら、「自分の皮膚と同化している」といっとも過言ではないのです。それこそ『第2の皮膚』のようになります。
それなのに、動けない??。

これは確実に、以前とは『体幹と上肢の動きの相関関係が変化した』ということです。

『これは、もしかして、FIの効果かも!???』

ワタクシは早々にプラクティショナーの先生に質問してみました。
すると、『あ、そうなの??それは凄いわね!!』とのコメントを頂いただけでしたが・・・。

まあ、そんなこんなで、今日までFIを受け続けています。

きっと気付かないレベルで、自分の身体は変化をおこしているのでしょう。
その細かな変化を感じられるほど、いまのワタクシは敏感ではないのかもしれません。
でもそれはきっと、ある日突然にあらわれるモノなんです。
この革ジャンのように・・・・・・!????



プロフィール

Hideyuki  Sato

Author:Hideyuki Sato
★あん摩マッサージ指圧師
  鍼灸師 理学療法士
★フェルデンクライス・プラクティショナー

  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。