スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェルデンクライスメソッドって??

ワタクシが最初にフェルデンクライスメソッドのレッスンを受けてから、早くも7年が経過します。
その存在を知ったのは、フロリダで行われていた「セレニティプログラム」と呼ばれる「イルカ介在療法と理学療法のコラボレーション・プログラム」に参加している時でした。アメリカ人の理学療法士から「NDA(神経発達学的アプローチ)の原型になったテクニックがある」という主旨の話を聞いたのです。
興味をもったワタクシは帰国後、早々インターネットで検索して、当時の仕事場の近くにあったスタジオにATM(動きを通じての気付き)のクラスに参加してみました。「NDA」とは、かなり違った印象でしたが、参加したその日のレッスンで、身体の変化をハッキリ感じ取れました。それから「このメソッドには、きっと何かあるに違いない!」と思い、本日まで続けています。
そして、昨年から始まった「プロフェッショナルトレーニングコース=FPTP」に参加。2011年にはプラクティショナーになれるハズ(??)です。

フェルデンクライスメソッドには、ATM(Awareness Through Movement -動きを通じての気付き-)と呼ばれる、言葉を媒体としてクライアントがプラクティショナーの指示どおりに身体を動かすレッスンと、FI(Functional Integration -機能的統合-)と呼ばれる、プラクティショナーがクライアントの身体に触れ、動かすレッスンがあります。その2種類のレッスンは、いずれも「脳がおこなう運動感覚学習を刺激して、それによって身体の機能を向上させる」という目的に沿っています。レッスンを受けたあと、実際に身体の使い方が変わってしまうことを体験できる場合もあります。

みなさんも、ゼヒ、体験されてみてはいかがでしょうか???

※セレニティプログラムについては、下記URLを参照してください!
http://www.waterplanetusa.com/programneeds.htm
スポンサーサイト
プロフィール

Hideyuki  Sato

Author:Hideyuki Sato
★あん摩マッサージ指圧師
  鍼灸師 理学療法士
★フェルデンクライス・プラクティショナー

  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。